HONDA CB1100EX/CB1100RS 2017 インプレ!

HONDA CB1100EX

人気のHONDA CB1100EXとCB1100RSのスペックや発売日について。2017年には最新モデルが登場しました。

あなたにとってバイクとはなんですか。走ること?ワインディングすること?見せること?

旧車にはそう思わせます独特の趣があります。

今回紹介する「CB1100EX」は、旧車が持つ要素が詰め込まれた最新バイクです。インプレをまとめていきます。

新車・中古車の購入金額を安くする方法

これから新車や中古車を購入される方のために、バイクの購入金額を大幅に安くすることができる"6つの方法"をまとめています。

⇒ バイクの支払い総額を値下げする6つの方法!


HONDA CB1100EX


CB1100の生い立ち


CB1100は2010年の3月に発売されました。

TYPE 1

CB1100 2010

初代は通常のTYPEⅠと、スポーティなポジションのTYPEⅡの2種類が登場。


TYPE 2

CB1100 2010 type2

CB1100のコンセプトは「馬力や最高速ではなく、散歩を楽しむバイク」として開発されました。

発売当初、注目されたのは人気を博したCB750以来の空冷エンジンを搭載したことです。

現行でも人気なCB400SFの販売台数を上回る結果となりました。

コンセプトやエンジン構造が話題となり、中高年に好評のバイクでした。

CB1100へのこだわりはエンジンにあり


HONDA CB1100EX

安定した走行を保ちながら優れた冷却性を備え、環境性にも配慮されたシステムを持つ6速ミッションエンジン。

深くまで刻み込まれた2mmの極薄フィンとカム配置。滑らかな曲線を描き輝くシリンダーヘッドカバー。

車体全体の造形美もさることながら、エンジンに対する細かな美しさも追求しました。


CB1100 2010 エンジン

それらを露わにするためにあえて空冷直列4気筒を採用し、CB1100へ跨った時、サイドからの状態、どこからも見ても美しさを味わうことができます。

CB750から受け継がれた空冷エンジンですが、オイルクーラーで冷却の手助けをするため油冷に近いエンジン構造。

エンジンを包み込むフレームにも配慮がされ、丹念な曲げ加工により一体感のあるデザインになっています。

「CB1100EX」の新たなところ


伝統的な車体フォルムを新たに受け継ぐ「CB1100EX」。

これまでに発売されたCB1100との大きな変更点は3つです。

1つめが、前後ホイールのステンレス製40本スポーク。旧車と言えばスポークホイールです。

cb100ex 2017 スポーク

2つめがマフラーの二本出し。二本出しマフラーの存在感。圧倒されます。

CB1100EX 2017 マフラー

3つめが燃料タンク。丸みを帯びた「フランジレスフューエルタンク」となっています。

CB1100EX 2017 タンク

実は、フランジレスタンクは三次元曲面と言われ、難しいとされる溶接技術。

それが、最新の製造技術により大量生産が可能となりました。タンク容量も3ℓアップしています。

さらに細かい変更点として、伝統的なフォルムは継承しつつ、ヘッドライト・テールランプにはLEDライトを採用。

CB1100EX 2017 ランプ

シートもワディングが施され、最新のバイクでありながら渋い仕上がりとなっています。

サイドカバーやリアフェンダー、シート位置、ステップホルダーなど、細かいこだわりが施され、自然体なラインディングポジションを維持しながらも、バイク全体の調和にも余念がありません。

往年のCBスタイルを彷彿させ、HONDAが「CB1100EX」を手にすることの満足感を追求し続けて生み出されたバイクです。

HONDA CB1100RS


CB1100RS

同時期発売予定の「CB1100RS」もご紹介します。

クラシカルなスタイルは守りつつ、走りの楽しみを体感できる「CB1100RS」。


CB1100RSは、CB1100EXとは異なり、前後ホイールにアルミキャスト製のホイールを採用することで、軽量化を図ります。

CB1100RS ホイール

さらに、新設計アルミスイングアームを搭載することでより軽快な操作性に。

味のあるフォルムは継承しつつも直列4気筒1100ccエンジンの性能を引き出す仕様です。


日本でのバイク人口は減少傾向にあり、最新バイクの開発の激化により“空冷4気筒バイク”自体の希少性は高まっています。

また、「CB1100EX/RS2017」の発売日は2017年の1月20日です。

HONDA公式サイトでは、HONDAが2017年に発売するバイクの紹介のために、「Honda Moto 2017」と題してプロモーションビデオを制作されています。




「Honda Moto 2017」のラインナップはCBR450R、CBR1000RR Fireblade、AfricaTwin、X-ADV、RebelそしてCB1100。

CB1100の動画は、心地の良い洋楽をバックに、バイクを通じて祖父、父、息子の繋がりをテーマとした温かい内容です。映像には懐かしのCB750も登場します。

気になった方はぜひ、チェックしてみて下さい。

まとめ


CB1100EXについてまとめました。

旧車バイク人気が冷めない、日本バイク市場ですが、旧車はどうしても車体価格が高く、メンテナンスやパーツの不足など抱える不安が多いです。

しかし、CB1100EXには旧車独特の趣がありながら、最新バイクと同等のポテンシャルも発揮することができます。

昔、バイクに乗っていて楽しかった思い出を、もう一度取り戻しませんか?

2019年・2018年モデル 新型バイクまとめ

新型バイク最速情報 2019年モデルまとめ ネイキッド・スクーターetc

2018.12.01

新型・新車バイク最速情報 2018年モデル ネイキッド・スクーター

2018.09.24

新車・中古車が値引き金額から、さらに安くなる裏ワザとは?

「このバイク、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」


など、新車の購入を
検討しているけど悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。


家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しいバイクに手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザ
ご紹介します。

バイクを下取りに出して購入資金をゲット!


やはりこの方法が結果的に一番値引き率が高くなります。

管理人一押しの下取り業者は"バイク王"です。

業界No.1規模の業者で豊富な買い取りデータや販売経路を持っていることから買取価格が期待できます!

詳細はコチラから確認 ⇒ バイク王で無料お試し査定してみる




一つの買取業者だけでは買い取り額が安くなりそうで不安という方…。

複数の買取業者に一括査定を申し込める便利なサービスならコチラ! ⇒ バイク比較.com





メーカーやバイクショップでの7年間の勤務を経て会得した、ほぼ確実に値下げできる交渉・大幅な値下げ方法を紹介しています。

⇒ バイクの支払い総額を値下げする6つの方法!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA