新型 Z650 2017年モデル 価格や納車情報について

Z650 2017

カワサキは、2017年5月に人気のZシリーズに、ニューモデルとなるZ650の国内販売を開始しました。

Z650の位置付けは、大型バイクの免許を取得したばかりのエントリーユーザをメインターゲットとしたバイクとなっており、エッヂの効いたストリートファイタールックのデザインと軽量コンパクトで扱いやすい仕様として、すでに人気を得ています。

バイクというジャンルは、排気量が大きくなるほど趣向性が強く、買うときには大きな勇気が必要ですし、大型バイクの購入を決めたら、購入する車種・購入先の販売店を選定し、販売店に行って実車の確認・試乗など購入する車種の確認だけでかなりのタスクがあります。
それから購入手続きも残っていたりと、かなりのタスクがあって、契約の時に何をどうしたらの良いのかパニックになって、思わぬ契約をしてしまうことのないよう、2017年新型Z650を購入するにあたり考えておきたい項目をまとめてみました!

買ったばかりのZ650をライディングして、景色の良いところへツーリングに行く場面を妄想し、記事の内容を参考にしてみてください!

新車・中古車の購入金額を安くする方法

これから新車や中古車を購入される方のために、バイクの購入金額を大幅に安くすることができる"6つの方法"をまとめています。

⇒ バイクの支払い総額を値下げする6つの方法!


新型 Z650 2017年モデルのカラーラインナップと車両価格


パールフラットスターダストホワイト×メタリックスパークブラック


Z650 2017
引用元:https://www.kawasaki-motors.com/mc/lineup/z650/



メタリッックフラットスパークブラック×メタリックスパークブラック


Z650 2017

カラーラインナップは2色の設定となっており、価格は¥786,240となっており、グレードはABS仕様のみの設定となっています。

カワサキの象徴的なカラーといえばライムグリーンで、欧州仕様にはライムグリーンのラインナップがありますが、国内仕様には設定がありません。

カワサキを購入される方は、カワサキが好きでバイクを購入される方が多いため、パイプフレームが鮮やかなグリーンに塗装されたホワイトに人気が出ているようです!

新型 Z650 2017年モデルの車両価格をライバル車と比較


2017年新型Z650 ABSのカラーリングと車両価格がわかったら、他メーカーの車両価格と比較してみましょう!

Z650 2017
引用元:https://www.yamaha-motor.co.jp/mc/lineup/mt-07/spec.html


ヤマハ MT07 ABS ¥760,320


Z650 2017
引用元:http://www.honda.co.jp/NC750S/type/


NC750 S ABS ¥740,880


Z650 2017
引用元:http://www1.suzuki.co.jp/motor/product/sv650al6/top


SV650 ABS ¥738,720


国内他メーカーのライバル車と比べてみると、2017年新型Z650が一番高い値段設定となっており、2017年新型Z650には、アシストスリッパークラッチの採用や、リンク式サスペンションなど、ライバルの中でも特にエンジン性能・走行性能の面で高いパフォーマンスが値段に反映された結果となっています。

新型 Z650 2017年モデルの値下げは可能なのか


Z650 2017
引用元:https://www.kawasaki-motors.com/mc/lineup/z650/



2017年新型Z650は国内販売されたばかりということもあり、現在では値下げしている販売店は少ないものの、5万円ほど値引きしている販売店もあり、国内外各メーカーを取り扱っている大型販売店などでは、車両価格を値引きして販売している傾向がありました!

車両価格を値下げしていない販売店には、値下げよりもアフターサービスやカスタムパーツがコンプリートされていたり、オプションがサービスになっている可能性もありますので、購入の際には重要視する要素を決めてリサーチしてみてください!

新型 Z650 2017年モデルの購入時の諸費用は


Z650 2017
引用元:https://www.kawasaki-motors.com/mc/lineup/z650/



2017年新型Z650の購入することが決まったら、ある程度予算を決めて購入に臨みましょう!

車両販売価格だけ見て販売店に行ったら、とんでもない金額に膨れ上がっていた・・・ということがないように、事前にどんな項目があるのかチェックしましょう!

車両販売価格以外に以下のような諸費用の項目があります。

自賠責保険


加入年数によって金額が違ってきます。

任意保険


年齢と保険の種類によって金額が違ってきます。

バイク登録費用


登録に必要な納税関連もここに含まれ、登録手数料は販売店によって金額が違ってきます。

納車整備費用


販売店によって金額が違ってきます。

オプション保証


保証の内容や販売店によって金額が違ってきます。


あくまで参考程度ではありますが、上記のように任意保険まで諸費に含めると、25万円〜35万円ほど、諸費用がかかります。

また、新車購入時にはレッカーサービスが含まれた保険なり保証に加入することをオススメします。これは、バイク特有の転倒や故障の際に、ツーリング先で自走不可能になった場合、途方に暮れてしまう可能性があるため、レッカーサービスは必須だと考えています!

新型 Z650 2017年モデルの納車状況


Z650 2017
引用元:https://www.kawasaki-motors.com/mc/lineup/z650/



2017年新型Z650が発表されたときから話題となるほど注目を集めていましたが、発表と同時に販売店独自で事前予約を受け付けるなどした結果、かなりの予約が入っていたそうで、もうすでに2017年新型Z650が完売になったという情報が入ってきました・・・

国内販売が開始されたばかりで、予想販売台数をかなりのペースで上回ってしまって、生産が追いついていない可能性もあります。今後、生産ラインを増やすなどして販売が再開されることを祈りましょう!

購入を検討されている方は、販売店で予約ができるか確認されることをオススメします!

新型 Z650 2017年モデルの試乗までの流れ


購入前に2017年新型Z650の魅力を知るべく、販売店にて試乗されることをオススメします!しかし、試乗を思いつき、いきなり販売店で試乗を依頼しても断られてしまう可能性があります。

まずは、試乗までの流れを確認しましょう!

まずは、試乗をしている販売店をリサーチすることからはじまります。メーカーが大々的に開催している試乗会出ない限りは、Z650の試乗車を用意している販売店に試乗を依頼することになります。カワサキの正規販売店であれば、大型バイクの在庫も多く、試乗車もたくさん用意されている可能性が高いのでオススメです!

次に、試乗には事前予約が必ずと言っていいほど必要で、希望日の1週間から2週間ほど前に販売店に予約を取ってください。

予約を取ったら試乗に必要な物を用意しましょう!基本的にはヘルメット・グローブ・免許証があれば良いのですが、できればライディングジャケットと長ズボンを着用すると安心かと思います。予約時に販売店から指定の持ち物があったら、そちらを用意すれば、あとは試乗を残すのみです!

試乗方法は販売店によって違いはありますが、大体はスタッフさんが先導してくれるので、道に迷うこともないかと思います。
先導がいない場合は道に迷ったり、事故などに注意して楽しんでください!

まとめ


2017年5月に国内販売されたばかりの新型Z650の価格や納車情報を中心に紹介させていただきました!

購入が決まり欲しいバイクが納車されるまでたくさんのタスクがありますので、一つずつ整理しながら後悔のないよう購入をしましょう。

今後も2017年新型Z650の動向に注目していきましょう!

2018年新型バイクまとめ

新型・新車バイク最速情報 2018年モデル ネイキッド・スクーター

2018.02.18

中古バイクの上手な選び方

中古バイクの選び方:排気量別(原付・125・250・400cc・大型・スクーター )

2017.12.01

中古バイクの選び方:走行距離の目安(原付・125・250・400cc・大型 )

2017.11.24

新車・中古車が値引き金額から、さらに安くなる裏ワザとは?

「このバイク、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」


など、新車の購入を
検討しているけど悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。


家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しいバイクに手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザ
ご紹介します。

バイクを下取りに出して購入資金をゲット!


やはりこの方法が結果的に一番値引き率が高くなります。

管理人一押しの下取り業者は"バイク王"です。

詳細はコチラから確認 ⇒ バイク王で無料お試し査定してみる





複数の買取業者に一括査定を申し込める便利なサービス! ⇒ バイク比較.com


メーカーやバイクショップでの7年間の勤務を経て会得した、ほぼ確実に値下げできる交渉・大幅な値下げ方法を紹介しています。

⇒ バイクの支払い総額を値下げする6つの方法!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA