GSX-S125 ABS 2018年新型モデル インプレ 最高速や価格、発売日は?

GSX-S125

機動力と利便性を重要視される街乗りなどのシチュエーションにおいても、ストリートシーンにおいてもスタイリッシュなデザインを採用し、ライダーの個性を発揮することができるスタイルのGSX-S125は、都会的なシーンでアグレッシブな走りを実現した魅力溢れるネイキッドモデルとして仕上がっているようです。

2018年新型モデルのスペックインプレ、最高速や価格・発売日について紹介します。

新車・中古車の購入金額を安くする方法

これから新車や中古車を購入される方のために、バイクの購入金額を大幅に安くすることができる"6つの方法"をまとめています。

⇒ バイクの支払い総額を値下げする6つの方法!


2018年モデル 新型 GSX-S125 ABSのスペックや基本装備


GSX-S125
引用元:http://www1.suzuki.co.jp/motor/product/gsxs125al8/top


2018年モデルとなる新型GSX-S125のスペックをチェックしていきましょう。

全長×全幅×全高2000mm×745mm×1035mm
車輌重量133kg
ホイールベース1300mm
シート高785mm
エンジンの種類水冷4サイクル単気筒SOHCエンジン
排気量124cc
最高出力15PS
最大トルク1.1kgf
燃料タンク容量11L
燃費48.2km/L

搭載されているエンジンは、同じくスズキからラインナップされているGSX-R125のエンジンが搭載されていて、パワフルなエンジン性能ではないものの、低中速域での力強いトルク感や扱いやすさを重視したエンジン性能は、街乗りにおいて機動力を生かした軽快な走りを実現しています。

また、新型GSX-S125の魅力の一つでもある、優れた低燃費性能も注目すべきスペックで、リッターで48.2km/Lを走行する優れた燃費性能を実現。満タン給油で450km以上の航続距離を稼ぐことができることから、下道を利用してトコトコツーリングに行くことにも向いています。


GSX-S125

新型GSX-S125に設定されているシート高は、785mmと普通二輪免許を取得したばかりのエントリーライダーや女性の方でも、安心してバイクに跨ることができる優れた足つき性を実現した仕上がりとなっています。

また、125ccのコンパクトなエンジンをパイプフレームに搭載したGSX-S125の車輌重量は133kgとかなり軽量な車輌重量となっていることもあり、バイクに不慣れな方でも取り回ししやすく、街乗りなどのシチュエーションで恩恵を受けることができることでしょう。


GSX-S125

洗練されたストリートファイタールックのデザインを採用した新型GSX-S125には、スタイリッシュなLEDヘッドライトとテールライトを組み合わせることで、125ccながら高級感の演出が細部にされていて、夜間走行時においても優れた安全性を発揮します。


GSX-S125

スズキからラインナップされているGSX-R125に搭載されているエンジンと同様のエンジンを採用することで、優れた耐久性・放熱性・低燃費化を実現しなし、125ccクラスのバイクとしては珍しい6速ミッションを組み合わせ、ワインディングからサーキット走行にも対応できるエンジン仕様となっています。

さらに、スズキの最新モデルの多くが採用している「スズキイージースタートシステム」を採用し、エンジンの寒暖差や環境に左右することなく、ワンプッシュでエンジン始動までスターターモーターが自動で回り続ける仕様となっています。


GSX-S125

メーター単品で見ると、大型スポーツバイクに装着されるような、仕上がりの美しい大型デジタルメーターを採用し、夜間走行時においてもライダーが走行中に必要とする情報を一目で確認することができます。

125ccと小排気量のエンジンを採用したモデルながら、スポーツ性能とスタイリッシュなデザインを両立させた仕上がりの美しいバイクに仕上がっています。

2018年モデル 新型 GSX-S125 ABSの最高速などのインプレ


GSX-S125

125ccクラスの水冷SOHC単気筒エンジンを搭載している、新型GSX-S125の最高出力は15PSを出力し、さらに133kgの軽量な車体と組み合わせることで、鋭い加速力だけでなく、パワフルな最高速にも期待がかかるところです。

路面コンディションやフラットな路面であることを前提条件とすれば、新型GSX-S125の最高速は125km/hほどになるとの情報もあります。

エンジンには、6速ミッションが組み込まれていることもあり、125km/hほどの最高速は出力することができそうですね!

GSX-S125の主な仕様用途は、通勤や通学・レジャーシーンなどの街乗りをメインとした用途となることが想定されていますが、2車線の巡航速度の高い幹線道路においてもゆとりのあるエンジン回転数で巡航することが可能になります。

軽快なハンドリングとコーナリング性能を生かし、街乗りなどの細かなコーナーが連続する場面で本領を発揮する新型GSX-S125は、ストリートシーンにおいて魅力溢れる存在となることでしょう。

2018年モデル 新型 GSX-S125 ABSのカラーリングや新車価格・発売日


トリトンブルーメタリック


GSX-S125

ソリッドブラック


GSX-S125
新車価格:¥354,240

2018年新型GSX-S125には、上記の2色からカラーバリエーションが構成されていて、スズキの世界的なロードレースで活躍するファクトリーチームを彷彿とさせる色鮮やかなブルーと、都会的なシチュエーションにおいてもシンプルで仕上がりの美しいソリッドブラックがラインナップされています。

ソリッドブラックは、フレーム付近に装着されているブロンズのカバーが特徴的です。

発売日は2017年10月11日。

まとめ


2018年モデルの新型としてラインナップされているGSX-S125は、ストリートシーンに最適化されたデザイン・エンジン性能・走行性能の全てがライダーをアグレッシブなモチベーションへと高めてくれる質感の高い仕上がりとなっています。

GSX-S750 ABS 2017 インプレ 足つき性は?

2017.07.07

GSX-R125 新型スペック 国内販売日や価格は?

2017.06.27

2018年新型バイクまとめ

新型・新車バイク最速情報 2018年モデル ネイキッド・スクーター

2018.02.18

中古バイクの上手な選び方

中古バイクの選び方:排気量別(原付・125・250・400cc・大型・スクーター )

2017.12.01

中古バイクの選び方:走行距離の目安(原付・125・250・400cc・大型 )

2017.11.24

新車・中古車が値引き金額から、さらに安くなる裏ワザとは?

「このバイク、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」


など、新車の購入を
検討しているけど悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。


家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しいバイクに手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザ
ご紹介します。

バイクを下取りに出して購入資金をゲット!


やはりこの方法が結果的に一番値引き率が高くなります。

管理人一押しの下取り業者は"バイク王"です。

詳細はコチラから確認 ⇒ バイク王で無料お試し査定してみる





複数の買取業者に一括査定を申し込める便利なサービス! ⇒ バイク比較.com


メーカーやバイクショップでの7年間の勤務を経て会得した、ほぼ確実に値下げできる交渉・大幅な値下げ方法を紹介しています。

⇒ バイクの支払い総額を値下げする6つの方法!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA